スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暑苦しい。
あの稽古場を一言で形容するとすれば、まずこの言葉が思いついた。

他にも形容する言葉は山ほど思いつく。
「きわどい」
「やらしい」
「濃密」
「目が離せない」
「けど目をそらしたくもある」
「肩甲骨?何それ知らない」

…しかし至って真面目で、楽しくて、ひたすら繁澤がしょーこちゃんのスカートをめくる(しょーこ嬢はジャージを履いていたのでそこはご心配なきよう)稽古場でした。よいです。
ただし劇中スカートめくりのシーンは出てきません。残念ですね。

しかし、本番が今月22日にはやってくるということで、あらあらもう18日しかねぇぜ!な今日、5月4日にも脚本は大幅な改訂が加えられてきました。
うん、もはや焦ることはしませんが。こういう演劇ユニットならよくあることです。

ただ、とっても言いづらいセリフの数々ですよ。
繁澤が「こんなん現実じゃ絶対ない状況や」と嬉しそうにしてました。うらやましいですが、そのシーンで僕としょーこ嬢が繁澤に向かって言うセリフは作者あずぼー氏の2大されたくないことを詰め込んだセリフでございまして、そりゃもちろん我々役者にとっても言うだけでも心苦しいセリフでございました。
それでも1回言うと慣れる役者根性!逆に怖いよ!そんな簡単に慣れちゃダメな気もするよ!


実際に劇中で使う重要なアイテムも登場しました。
でもこれもネタバレとかの関係で書いていいものかわからないよ!教えてあずにゃん!


苦しい苦しいと思っていた稽古が、段々と慣れてくることによって、また共演する役者含め周囲に素晴らしい演劇人が揃っていることによって、さらには作品の全体像が今日見えたことによって、だいぶ楽しく、そして終わりが見えてしまうことのはかなさと切なさと心苦しさとでもぅ嗚呼、無情です。


さてこんな日誌を書きながら、面白い日誌ってなんだろうな~とか思いつつ好きな女優さんがいる「Theatre 劇団子」という劇団の日誌を読んでいて、時間は過ぎ去りそして面白い日誌に対する熱意も消え去り、ただただ面白い芝居を作ろうという熱意が少し沸き立ちました。面白いなんてとっても主観的な感覚だけれども、とっても素敵な感覚でもありますからね。

以上、脚本書けって言われたから少しかいてみようかしら?なアムロでございました。
愛をこめて。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

にゃん。

あー…普通にアレが写った写真うpするつもりやったから大丈夫かなー…>重要アイテム

あずにゃんはやめてえええ
チケット予約
あと何日?
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

あずぼーいず

Author:あずぼーいず
ネットに汚染された脳みそを持つ女・あさもずあずさの立ち上げた演劇集団。萌えとかBLとかオタクとか、そんなのを取り上げながら現代社会を風刺したりする…つもりは全くなく、リビドーの赴くまま好き勝手やってます。

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
ついったー
あまぞん
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
最新トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。